イオ・イン ザ ストロベリーフィールズ

トランスジェンダーOL・イオの、失踪までの120日。

人間嫌いな23歳OLが失踪するまで。

はじめに

どうもこんにちは。

イオアキラです。

 

ブログタイトルはなんだかビートルズの曲名を適当にくっつけたみたいになってるけど、その通りだよ。イオが一番好きな「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」をオマージュしてます。よろしくね。

 

 

イオの経歴は、もし気になった人がいたらイオアキラさんのプロフィール - はてなを見てもらえたら嬉しい。ブログしたことない歴イコール年齢の、しがないOLだよ。どうも私が書くとお固い文章になってしまうので、あくまで文体はゆるくいこうと思う。文体は。

 

 

まず、なぜブログを書こうと思い立ったかを説明しよう。

端的に言ってしまえば「これから失踪する自分を正当化したい」から。

なのかな。わからない。

 

「わからない」なんて書くと村上春樹が書く登場人物の口癖のようだ。

うん、わからない。

 

たぶんきっと、こんな人間もいるんだよ、っていうのを知ってほしいから。

 

 

失踪を決意した経緯なんかは、ゆっくり話していこうと思うんだけど、

かいつまんで言えば

 

「人間嫌いな私がうっかり就職しちゃって毎日どんどん人間関係が悪化してくし、嫌な言い方しかできない上司はいるし、こんなコミュニケーションど下手な自分が嫌になった」から。

 

つまりそもそもの原因は私にあるんだ。分かってる。

 

ただ心残りというか「死のう」とまで思わない理由は私を愛してくれる両親がいるから。

 

それ以外はもう友達と呼べる友達もたった一人しかいないし(ここ数ヶ月で絶縁した人が何人かいる)、恋人なんて二十歳過ぎてから出来たことない。結婚なんて「犬にでもくわせろ」だ。おひとり様万歳。

 

 

私は「逃げること」は決して悪いことではないと思ってる。生きるか死ぬか、善か悪か、みたいな極端な考え方を昔はしてたよ。特に高校生の頃は。

 

でもよくいるじゃない、「飛んでしまう」中高生。困難とか嫌な事があって、自分が消えてしまえば解決する。そう思って自殺する子はいなくならないよね。

 

そんな時に、周りの人も悪くないし、少なからず原因を作ったであろう自分も、もちろん悪くない。誰のことも「悪」だと思わなくていいんだよ。

そもそも「悪」ってなんだ?誰かが勝手に決めた概念じゃない?

 

そんな社会に偶然生まれてしまったあなただから、何も悪くないんだよ。だから私は逃げることにしたよ。

テルマ&ルイーズの二人のように。

会社から。地元のしがらみから。

古いしきたりを押しつける親戚から。

 

 

私も実をいうと、数日前まであまりに出社したくなくて「このまま車でガードレール突っ切ったら出社しなくてすむじゃん」なんて衝動に何度か駆られたよ。

 

でもそんなことで死んだらツマラナイと思ってやめた!

 

第一、死にざまが美しくない。

 

そして今書いている小説が未完のまま世に出ることもない。だったら小説を書ききるまで何としてでも生きてやろうと思ったわけです。

 

 

私は現実逃避癖が昔から強く、ロードムービーが異常に好きだ。わくわくしちゃうのだ。いつかおすすめのロードムービーをここで紹介しようかな。

 

というのも、ロードムービー(むしろクライム映画か?)のように逃亡してみたいという願望がずっとあるのね。

 

社会的に死ぬのはわかってるけど、本当にこの世から消える必要に迫られるまで、逃げてみるのも粋かな、と。

切羽詰まってぎりぎりの私は考えたわけだ。

 

 

なので、本気で失踪したい人にはアドバイスや情報交換を、そうでない人には娯楽の一つとして私の失踪までの120日間を見守ってほしいと願っている。

 

 

ちなみになぜ失踪まで120日間かというと、とある方のブログにてネットビジネスで最低限食べていけるようになるまでが約90日間と書かれていて、その通り3ヶ月後でもよかったんだけどね。

10月で有給休暇がもらえるようになるので失踪がばれるまでの時間稼ぎになると考えたのよ。けっこう打算的。

まあそれまで我慢できるかという問題だけど。

 

つまり私は、ネットビジネスで最低限の生活費をまかなえるくらいになってから失踪しようという魂胆なのだ。

 

 

次回の記事では、失踪の具体的な計画と装備などを公開できたらと思ってます。応援やアドバイス、感想をお待ちしております。

 

一般常識を持った大人のみなさんは失踪なんてしないはずですよね。ね?

 

村上春樹氏いわく「限定的なヴィジョン」を持った人間(私もその一人)に共感してもらえればそれで願ったり叶ったりなので、くれぐれもお説教はおやめ下さい。

あなたの労力が無駄になります…。

 

ジョンレノンがストロベリーフィールズの歌詞でも言っているように(たぶん)、

あなたを理解できる人間が周りにいなくてもいい。

自分だけが全力で100パーセント味方でいれば。

 

合言葉は月曜日なんてクソくらえだ!!!

 

では、イオアキラでした。